上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 頑張りましょう!
 2008年も残すところあとわずかとなりました。
個人的に言えば、今年は何といっても座間市議会議員選挙につきるわけですが、視野を広げて見れば本当にいろんなことがありました…。 
 
 国政においては、昨年の参院選で与野党が逆転して以来、ねじれ国会の攻防が続いており、後期高齢者医療制度改正や年金などの社会保障制度、世界的経済危機対策、雇用問題などなど課題は山積。来年は衆院解散・総選挙が最大の焦点となるが、解散時期は2009年度予算成立後の4月以降とも、景気後退が続けば解散に踏み切れないまま9月の任期満了選挙になる可能性もあるとも言われている。…とにかく誰のための政治なのか、それをわきまえた国政であってほしいと願います。
 
 さて、座間市政においても課題山積です。来年も市民の皆さんと心を一つにして取り組んでいきたいと思います。

 今年一年大変お世話になりました。来年も宜しくお願いいたします。
 
 それでは皆さん良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2008_12_31


 12月25日、クリスマス。昨日と同様、私にとっては1年の中のごくごく普通の1日、…という心境にはならなかった。
 
 今朝の神奈川新聞から…。
 「前逗子市長の長島氏の公認を決定/衆院4区で民主党」
 民主党は二十四日の常任幹事会で、次期衆院選の神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉、逗子市、葉山町)で県連が公認申請していた前逗子市長の長島一由氏(41)の公認を決めた。
 長島氏は同日県庁で会見し、「小沢(代表)サンタからクリスマスプレゼントをもらった気分。国民が求める政権交代の一翼を担い、市長時代に感じた教育や年金、情報公開、行政改革の問題を国政の場で解決したい」と抱負を述べた。
 4区総支部は、参院議員からのくら替えを目指した浅尾慶一郎氏(神奈川選挙区)に地元市議らが同調するなど足並みがそろっていないが、長島氏は「党本部で公認決定した以上、私をしっかり応援していただきたい」と強調。浅尾氏に対しても協力を依頼する意向を示した。

 …で、今日の「カナロコ」の報道は。
 「くら替え出馬可能性に含み/民主・浅尾氏」
 民主党の浅尾慶一郎参院議員(神奈川選挙区)は二十五日、横浜市栄区の事務所で会見し、「出ないと言ったわけではない」と述べ、衆院4区へのくら替え出馬の可能性に含みを残した。
 民主党は前日、神奈川4区で前逗子市長の長島一由氏の公認を正式に決定したが、浅尾氏は「いろんな方から、ぜひ(衆院選に)出てほしいという声がいつも寄せられている。まだじっくり考える時間がある」と述べた。

 私も浅尾慶一郎氏には衆議院議員として活躍してほしいと願っていましたが、まさかこんな展開になろうとは。
 浅尾氏と親交のある私としては複雑な心境です。

【浅尾慶一郎氏の実績】
・北朝鮮の拉致問題や核開発問題の解決を目指し、いち早く1999年に北朝鮮への送金停止法の制定を国会で提唱。同法は政府部内の検討に5年を要したものの2004年の国会で廃止。
・公務員に休憩時間とは別に与えられていた有給の休み時間である特別休憩時間制度の問題点を指摘し2006年に廃止させる。これによって人件費約1兆7000億円のムダを排除。
・公的年金の官民格差の実態を明らかにし、恵まれた公務員の年金の原資となっている共済年金への巨額の税投入追加費用の停止を提言。政府はこれにより2006年に追加費用の減額を閣議決定。
・2007年参議院外交防衛委員会にて、守屋前防衛事務次官を証人喚問にて質問を行い、防衛商社「山田洋行」の宮崎元専務が設けた宴席に同席した政治家の名前を明らかにするよう求めた。これまで終始発言を拒んでいた証人を「包み隠さず」という宣誓と異なるのでは?」と説得。守屋証人は「久間先生と額賀先生ではなかったかと思っている」と政治家2人の名を挙げた。これにより、防衛省の政官業の癒着を露呈させた。
・2008年11月の参議院外交防衛委員会では、田母神俊雄前幕僚長を証人喚問で追求。アパグループと防衛省・自衛隊の癒着した関係を明らかにした。

2008_12_25


 今日はクリスマス・イヴです…。
 
 夢のない話になりますが、12月24日は私にとって12月の中のごくごく普通の1日と同じであります。子ども達が小さかった頃は、そりゃもう家族の一大イベントでしたが…、子ども達もそれなりに成長した今となってはね…。
 
 子ども達が「サンタクロース」の存在を信じて疑わなかった頃って何歳までだったんだろうな…?。その頃は夢でいっぱいだったんだろうなぁ~、と感慨深くなる、そんなクリスマス・イヴです。

 【サンタクロースの由来】 (「ウィキペディア フリー百科事典」より)
 4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教(主教)、キリスト教の教父聖ニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源である。「ニコラオス」の名はギリシア語表記。ラテン語ではニコラウス。イタリア語、スペイン語、フランス語ではサン・ニコラ。イタリア語ではニコラオとも。ロシア語ではニコライ。
 以下のような伝説のほか、無実の罪に問われた死刑囚を救った聖伝も伝えられている。
 「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。靴下の中にプレゼントを入れる風習も、ここから来ている。その後、1822年にニューヨークの神学者クレメント・クラーク・ムーア(コロンビア大学教授)が病身の子供のために作った詩「聖ニコラウスの訪問」がきっかけとなり、このサンタクロース物語は全米中に広まった(出典:「サンタクロースの大旅行」岩波新書80p)。
 また、ニコラオスは学問の守護聖人として崇められており、アリウス異端と戦った偉大な教父でもあった。教会では聖人として列聖されているため、「聖(セント)ニコラオス」という呼称が使われる。これをオランダ語にすると「シンタクラース」である。オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったようだ。


 子ども達にとっての「サンタクロース」は保護者だが、非正規従業員の解雇問題、倒産危機、医師不足で揺れる日本にとっての「サンタクロース」は誰なのか?。

 麻生太郎首相は就任3カ月目の今日24日、平成21年度予算案の閣議決定を受け、首相官邸で記者会見を開いた。企業における非正規労働者の大幅削減が相次ぎ、雇用情勢の悪化が新たな政策課題として浮上。来年度予算では、非正規労働者の就労支援策に前年度当初予算比約2倍の93.7億円を計上。非正規労働者を対象にしたハローワークの特別相談窓口の開設に、11.9億円を新規に予算化。「雇い止め」後も派遣労働者らに引き続き住居を無償提供する事業者への助成費は34.8億円を計上、雇用保険の適用範囲についても「1年以上の雇用見込み」から「6カ月以上」に適用範囲を拡大させた。
 一方、使途の定まっていない経済緊急対応予備費に1兆円をあてるなど、新たな雇用創出や産業構造の転換など基本的な政策理念は全く見えず、単なるバラマキ的な予算増になっていると指摘されている。また、年末にむけて雇用環境や中小企業の資金繰りが急激に悪化し迅速な対応が求められている中、第2次補正予算を先送りし当面の緊急措置に対する予算の裏付けを行わなかったこと等、政策対応が遅れているとも指摘されている。

 世界的な経済危機の中、日本の「サンタクロース」として、麻生太郎首相はこの局面打開にあたって、大人も子どもも「夢が膨らむような」政策実現のために、リーダーシップを発揮できるか否か問われています。
2008_12_24


 不覚にも風邪をひいてしまいました。
 先週の20日(土)くらいから喉が痛くなり悪寒を感じ、今日は鼻水・関節痛が…。熱はないので(実は体温計で計っていない)動くことはできますので、何とかこの師走はのりきれそうです(…というかのりきらないと)。ここ数日、寒かったり暖かかったり、身体の対応が大変ですよね。皆さんも風邪にはお気をつけください。
 
第10回 ミュージックフェスタ in 湘南
 
 今日は午後から座間市立体育館(スカイアリーナ座間)で開催された「第10回 ミュージックフェスタ in 湘南」にお招きいただき、マーチングバンド、バトントワリングの演奏・演技を観覧させていただきました。 座間市からも「座間市少女マーチングバンド」が出場。華麗な演奏・演技を披露してくれました。「座間市少女マーチングバンド」は先日20日(土)に開催された第36会日本マーチングバンド・バトントワリング全国大会で銀賞(6位)を受賞。惜しくも金賞は逃しましたが、中学生の部活チームと争う中、クラブチームとしては大健闘。立派な成績だと思います。おめでとうございました

 さて、ご報告が遅れましたが、19日(金)に座間市議会・第4回定例会が閉会しました。今定例会に提出された議案の表決結果は以下の通りです。

平成20年12月座間市議会第4回定例会表決結果一覧表

議 案
番 号
件             名
表 決
結 果
備 考
80
平成20年度座間市一般会計補正予算
(第2号)
賛成全員
可 決
 
81
平成20年度座間市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
賛成全員
可 決
 
82
平成20年度座間市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
賛成全員
可 決
 
83
平成20年度座間市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
賛成全員
可 決
 
84
平成20年度座間市後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算(第1号)
賛成全員
可 決
 
85
平成20年度座間市水道事業会計補正予算(第1号)
賛成全員
可 決
 
86
座間市市税条例の一部を改正する条例
賛成全員
可 決
 
87
座間市立もくせい園条例の一部を改正する条例
賛成全員
可 決
 
88
座間市国民健康保険条例の一部を改正する条例
賛成全員
可 決
 
89
座間市立生きがいセンターの指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
90
座間市立総合福祉センターの指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
91
座間市営さがみ野自転車駐車場の指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
92
座間市立市民健康センターの指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
93
座間市立のコミュニティセンターの指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
94
座間市立市民文化会館の指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
95
座間市立市民体育館の指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
96
座間市立清川自然の村の指定管理者の指定について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 2
退席= 1
97
和解及び損害賠償の額を定めることについて
賛成全員
可 決
退席= 3
100
平成20年度座間市一般会計補正予算
(第3号)
賛成全員
可 決
退席= 3
101
平成20年度座間市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
賛成全員
可 決
 
102
平成20年度座間市老人保健特別会計補正予算(第2号)
賛成全員
可 決
 
103
平成20年度座間市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
賛成全員
可 決
 
104
平成20年度座間市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
賛成全員
可 決
 
陳情1
座間市の私学助成制度拡充を求める陳情
賛成少数
不採択
賛成= 8
反対=15
陳情2
国・県に私学助成制度の充実を求める意見書の採択を求める陳情
賛成少数
不採択
賛成= 8
反対=15
陳情3
地方消費者行政の抜本的拡充に必要な法制度の整備及び財政処置を政府等に求める意見書の提出を求める陳情
賛成全員
採 択
 
陳情4
現行保育制度の堅持及び拡充並びに保育、学童保育及び子育て支援予算の大幅増額を求める意見書提出についての陳情
賛成全員
採 択
 
陳情5
健全に運営する自主共済に対し、保険業法の適用除外を求めることなどの意見書採択の陳情
賛成全員
採 択
 
陳情6
所得税法第56条廃止の意見書を国に提出することについての陳情
賛成少数
不採択
賛成= 8
反対=15
陳情7
医療費助成制度に関する県への意見書提出を求める陳情
継 続
 
陳情8
座間市における医療費助成制度拡充に関する陳情
賛成少数
不採択
賛成= 8
反対=15
陳情9
介護療養病床廃止中止を求める意見書採択を求める陳情
継 続
 
陳情
10
サニーキッズ業務委託についての陳情
継 続
 

 平成20年12月座間市議会第4回定例会表決結果一覧表(追加分)

議 案
番 号
件             名
表 決
結 果
備 考
議提
40
米軍戦闘攻撃機FA18墜落事故の原因究明と安全確保を求める決議について
賛成全員
可 決
 
議提
41
消費税の増税等に強く反対する意見書の提出について
賛成少数
否 決
賛成=11
反対=12
議提
42
大企業に社会的責任を果たさせる対策を講じ、安定した雇用を守ることを求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
43
介護報酬の大幅引き上げと介護の人材確保を強く求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
44
障害者自立支援法改正案の充実を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
退席= 4
議提
45
「食の安全確保」への取り組み強化を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
46
安心の介護サービスの確保を求める意見書の提出について
賛成多数
可 決
賛成=20
反対= 3
議提
47
長時間労働や日雇派遣など労働法制の改正を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
48
暮らせる年金の実現を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
退席= 3
議提
49
定額給付金の撤回を求める意見書の提出について
賛成少数
否 決
賛成=11
反対=12
議提
50
健全に運営する自主共済に対し、保険業法の適用除外を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
51
所得税法第56条廃止の意見書を国に提出することを求める意見書の提出について
賛成少数
否 決
 
議提
52
現行保育制度の堅持及び拡充並びに保育、学童保育及び子育て支援予算の大幅増額を求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 
議提
53
地方消費者行政の抜本的拡充に必要な法制度の整備及び財政措置を政府等に求める意見書の提出について
賛成全員
可 決
 

※議提=議員提出議案

2008_12_23


 昨日の寒さは何処へやら、というくらい今日は暖かな日でしたね。横浜のデータですが、昨日の最高気温は8.7℃、今日の最高気温は15.7℃、その差7℃。明日の予想最高温度は11℃らしく、また寒くなるようです。
 今日は午後から「高座清掃施設組合議会」の全員協議会ならびに第2回定例会(いずれも海老名市で開会)へ出席しました。
 明日は座間市議会第4回定例会・本会議最終日で、委員長報告~討論~(議員提出議案上程)採決が行われます。お時間のある方は是非傍聴にお越しください。
 …12月議会の閉会時は「今年も終わりだなぁ~」としみじみ感じてしまう一方で、年賀状作りを急がねばと焦ってしまう時期でもあります。
(ちなみに市議会議員は、公職選挙法によって、選挙区内にある人に対して答礼のための自筆によるものを除き、年賀状を出すことやお歳暮などを贈ることが禁止されています。ご理解をいただきたいと存じます。)

 話は変わりますが、「2008年書籍年間ベストセラー」が発表されました。紀伊國屋書店は、国内全63店舗の販売データ(集計期間=2007年12月~2008年11月)をもとにした1年間の累計売上げランキングを発表。発表された「2008年書籍年間ベストセラー」のうち、文庫・コミック・学習参考書を除く、総合ランキングのトップ20は以下のとおり。

【総合】
1位 「夢をかなえるゾウ」 水野敬也(飛鳥新社)
2位 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 J.K.ローリング(静山社)
3位 「B型自分の説明書」 Jamais Jamais(文芸社)
4位 「生命の法」 大川隆法 (幸福の科学出版)
5位 「女性の品格」 坂東眞理子 (PHP研究所)
6位 「O型自分の説明書」 Jamais Jamais(文芸社)
7位 「ホームレス中学生」 田村 裕 (ワニブックス)
8位 「A型自分の説明書」 Jamais Jamais(文芸社)
9位 「親の品格」 坂東眞理子 (PHP研究所)
10位 「おつまみ横丁」 瀬尾幸子 (池田書店)
11位 「脳を活かす勉強法」 茂木健一郎 (PHP研究所)
12位 「悩む力」 姜尚中 (集英社)
13位 「AB型自分の説明書」 Jamais Jamais(文芸社)
14位 「流星の絆」 東野圭吾 (講談社)
15位 「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 (法研)
16位 「ルポ貧困大国アメリカ」 堤 未果 (岩波書店)
17位 「お金は銀行に預けるな」 勝間和代 (光文社)
18位 「ザ・シークレット」 ロンダ・バーン (角川書店)
19位 「大人の見識」 阿川弘之 (新潮社)
20位 「からだにおいしい野菜の便利帳」 板木利隆 (高橋書店)

 
 …残念ながら、最近は全くこういった本を読まなくなってしまったというか、読めなくなってしまいました。どうしても政治がらみの分野になってしまいます。ゆっくり趣味としての読書をしてみたいと感じています。上記でいえば「O型自分の説明書」なんか面白そうですね。単純に自分がO型だからですけど(笑)。 たまには自分を客観的に検証してみるのも良いんじゃないかなと…。

2008_12_18


「食事手当て」…?。なんじゃそれっ…?。
 

  •  国民生活センター  
  •  科学技術振興機構
  •  農畜産業振興機構
  •  新エネルギー・産業技術総合開発機構
  •  日本貿易振興機構
  •  石油天然ガス・金属鉱物資源機構
  •  中小企業基盤整備機構
  •  都市再生機構

 
 以上8つの独立行政法人「食事手当」「食事補助」などの名称で職員に昼食代などを毎月支給し、独法化された03年10月から今年9月で計12億9,754万円に上ったと会計検査院が17日発表。
 支給の理由は「職員の福利厚生のため」など。他の93独立行政法人では同様の手当がないか廃止され、国の官庁も支給していないという。検査院の指摘を受け、8法人は手当を廃止する。 
 検査院が指摘した期間内の支給額は、最多が日本貿易振興機構の3億2,507万円、最少が科学技術振興機構の1121万円。 検査院によると、8法人は毎月、1人当たり2,000~9,150円を支給。8法人とも独法化前から支給していた。職員の給与水準は国家公務員より2~3割高いという。検査院は「支給基準を社会情勢に適合させる検討が不十分」と指摘した。支給額が最多だった日本貿易振興機構は「検査を受け、社会情勢にかんがみて廃止した」と説明している。
(以上→12月17日22時28分配信 毎日新聞

 国民生活センター
 「目的:国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うこと。」 
 …人のお金(税金)で昼飯食べておいて「国民生活の安定及び向上に寄与する」って言える?。

 科学技術振興機構
 「JSTは、科学技術基本計画の中核的実施機関として、我が国のイノベーションの創出の源泉となる「知の創造」から「研究成果の社会・国民への還元」までを、総合的に推進します。」 
 …「研究成果の社会・国民への還元」はいいから、これまでの昼飯代を返せと言いたい。

 農畜産業振興機構 「農畜産業の生産・流通や望ましい食料消費の姿などの情報収集提供事業を適正、効率的に実施することを通じて、国民の皆様の期待と信頼に応えていきたいと考えております。」 
 …自分たちが望ましい昼食消費の姿を適正、効率的に実施することを通じて、国民の皆様の期待と信頼をみごとに裏切った。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構
 「NEDOは、日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発及びその普及を推進する我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、非常に重要なミッションを担っています。」 
 …「非常に重要なミッションを担っています」からって、昼食代まで国民が面倒を見る必要はない。

 日本貿易振興機構
 「我が国の貿易の振興に関する事業を総合的かつ効率的に実施すること並びにアジア地域等の経済及びこれに関連する諸事情について基礎的かつ総合的な調査研究並びにその成果の普及を行い、もってこれらの地域との貿易の拡大及び経済協力の促進に寄与することを目的とする。」
 …まず、サラリーマンの昼食代について「基礎的かつ総合的な調査研究」をした方が良い。

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
 「我が国の資源・エネルギー安定供給確保を使命とし、資源の採鉱・開発や備蓄など、資源の関わる様々な業務に携わっています。」
 …「資源・エネルギー安定供給確保」も大事だし、自分たちの「昼食代安定需要確保」も大事だった?。

 中小企業基盤整備機構
 「中小企業者その他の事業者の事業活動に必要な助言、研修、資金の貸付け、出資、助成及び債務の保証、地域における施設の整備、共済制度の運営等の事業を行い、もって中小企業者その他の事業者の事業活動の活性化のための基盤の整備を行います。」
 …「中小企業者その他の事業者」の昼食代のことを考えたことある?。

 都市再生機構
 「人が輝く都市を実現すること。都市再生とは、まちづくりをとおして日本を再生することにほかなりません。それが私たちに与えられた使命です。私たちは、すべての人びとが生き生き暮らす都市をめざし、「アーバン・ルネッサンス・プロデューサー」として21世紀の日本の都市像を描いていきたいと思います。」
 …「21世紀の日本の都市像を描く」とともに、21世紀の日本のあるべき昼食代の姿を想い描いてみよう。

2008_12_17


今日の丹沢の山々…
 いやぁ~、今日は寒かった。
 朝、駐車場に行くと愛車のマーチのウインドウが真っ白。丹沢の山々も白くなっていて、どちらをも寒さを物語っていました。座間市の日中最高気温も9℃(Yahoo座間市の天気より)だったらしく、実際寒かったわけです。

 話は「変わり」ますが、平成20年の世相を表す漢字として「変」が決まりました。日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ「今年の漢字」に「変」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主が縦約1.5メートル、横約1.3メートルの和紙に文字を大きく揮毫(きごう)されました。
 株価暴落や円高ドル安など金融情勢の「変動」や、異物混入に代表される食の安全性に対する意識の「変化」、日本の首相や米大統領の交代など、政治的な「変革」などが理由。さらに、ノーベル賞受賞や北京五輪など、日本人の活躍に良い「変化」があったこともあり、良くも悪くも変化が多い1年で「来年は良い年に変えていきたい」という期待も込められた…。(→http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/204000
 政治的な「変革」といっても、米大統領交代劇は「変革」とうなずけますが、日本の首相の交代劇は「変革」といえるか否か…?。「変わった」というのか、ただ「代わった」というのか、国民にとっては大問題。
 座間市では先の選挙により、市長が遠藤三紀夫氏に「変わり」、市議会議員も現職20名、新人4名と「変わった」。市民からは市長も議会も「変」なのか「代」なのかを注視されるはず。
 遠藤三紀夫新市長は12月議会の所信表明で「市民本位を基本として、勇気をもって改革改善を進めていく」と述べられた。我々議員としては、議会の中で市長が提案する「改革改善」の政策を審議するとともに、議員自らも「改革改善」の政策を訴えなければならない。市民に「代わった」だけと思われてはならない。
2008_12_15


座間市少女マーチングバンド壮行会
 今日は12月20(土)に開催される「第36会日本マーチングバンド・バトントワリング全国大会」に出場する「座間市少女マーチングバンド・壮行会」に出席しました。…出席というか、正確に言うとお手伝いというか。壮行会の会場が私の勤める日産自動車座間事業所の体育館だったので、放送設備や舞台照明のセッティング関係でお手伝いをしたというもの。…たいした手伝いではありませんけど。
 座間市少女マーチングバンドの皆さんにとって全国大会は4年ぶりの出場。前回の第32回大会では「銀」。今回は「金」を奪取してほしいですね。頑張ってください、応援しています。
 
 今日の練習~壮行会の様子を、神奈川テレビ(TVK)さんが取材にきていました。18日(木)12:30から13:00「ハマランチョ」で放送されるとのことです。是非ご覧ください。
2008_12_14


スポーツ人の集い
 今日は「第21回・座間市スポーツ人の集い」(主催:座間市体育協会)の式典に出席しました。
 「スポーツ人の集い」は、市内外のスポーツ大会や競技会等で活躍した優れたスポーツ選手や団体を表彰・奨励し、市のスポーツ水準の向上を図る目的で開催されています。
 第21回を迎えた今日の「座間市スポーツ人の集い」では、功労者表彰5名、スポーツ賞表彰団体の部では15団体、個人の部では64名の皆さんが受賞されました。おめでとうございます。
 座間市における競技スポーツの普及推進は、市体育協会が中心となり、競技スポーツ団体の育成や市体育協会が主催する市総合体育大会、又は神奈川県総合体育大会への選手派遣等、行政との連携を図りながら進めています。また、イベントについても、「各種スポーツ大会」や「スポーツ教室」などを、市体育協会が自主的に実施しています。

2008_12_13


常任委員会

 今日は沖本が所属する「教育福祉常任委員会」が開会されました。
 
 さて、常任委員会とは…。
 議会の中で取り扱う問題は数が多く、内容も幅広い分野にわたっています。議案を詳しく審査するためには、いくつかの部門に分けて専門的に行ったほうが効率的です。そのために、本市議会には4つの常任委員会が設置されており、議員はどれか一つの常任委員になることが義務づけられています。定数は、総務常任委員会・教育福祉常任委員会・市民経済常任委員会・建設水道常任委員会すべて6名となっています。(←平成20年10月1日更新・座間市ホームページより引用)
 ちなみに「教育福祉常任委員会」では保健福祉部・教育委員会の所管に属する事項(議案・陳情)の審議を行います。

 今回の「教育福祉常任委員会」で沖本は教育委員会の所管に属する諸議案の中から「議案第95号・座間市立市民体育館の指定管理者の指定について」に関して総括的な質疑を行いました。詳細は後日HPに掲載しますが、市民から私のへ寄せられた意見・要望を基に、市民ニーズの対応や条例(市民体育館の利用における施設利用料金やキャンセル時の還付金、競技種目による公平性など)について質疑を行っています。

 また、常任委員会後は委員長の上沢本尚議員(公明党)や議会事務局と行政視察の案件や視察先の選定。また、「教育福祉常任委員会」に付託された陳情で、今回継続審議となった「陳情第10号・サニーキッズ業務委託についての陳情」に関して、常任委員会として議会閉会中にどう審査を進めていくか話し合っています。本会議(質疑や一般質問などを行う)や委員会が開かれていない日でも、実はいろいろ仕事ってあるものなんですよ…。
2008_12_10


沖本登壇!
 一般質問3日目最終日。沖本は6番手の“トリ”で登壇。沖本の質問は18時34分から始まり再質問に対する答弁が終了したのは19時40分。この後、追加議案の提案説明があり、質疑~答弁。更に専決処分()の報告があり、議会が終わったのは21時04分。…議員各位はもとより理事者の皆さんも本当にお疲れ様でした。
 さて、沖本の「一般質問」。詳しい内容は後日HPに掲載しますが、主な質問内容は以下の通りです。
(1)市政執行における市長の基本姿勢について
  (民間企業の経験感覚による市政執行について)
 ・平成19年度決算において遠藤新市長は「無駄」であると思われる事業があったのか。
 ・民間企業で使われているTQCなどの改善手法の導入は有効と思われるか。
 ・多くの自治体で取り組んでいる「事業仕分け」の導入は有効と思われるか。
 ・「民間企業派遣研修」の重要性・必要性をどう考えるか。
(2)市政運営における市長の基本方針について
  (環境・福祉・教育・観光施策の方針について)
 ・電動自動車の普及推進について市単独の助成制度などの施策は。
 ・「路上喫煙禁止条例」制定について市長の考えは。
 ・相模原養護学校スクールバス問題の顕在化と市の対応について。
 ・観光資源である日産自動車座間事業所「記念庫」に対する市長のアクションは。
 
2008_12_07


ふれあいパーティ
 今日は、毎年恒例となっている日産自動車(株)座間事業所の監督者会(係長会・工長会)の主催する「みんなでワイワイふれあいパ-ティ」が事業所内で10時から開催されました。
 座間市内の地域作業所で働かれている障害者の皆さんや職員の皆さんをお招きして(お手伝いもしていただきながら)行われる年末行事。沖本も皆さんと一緒になって、餅つきやカラオケを楽しみました。障害者自立支援法の関係で、問題・課題をかかえておられる皆さんですが、今日は明るい笑顔で楽しく過ごしていただけたと思います。今後も地域貢献活動として、日産監督者会の皆さんと共に継続していきたいと思います。

相武台団地商店街「イルミネーション点灯式」
 また、17時から相模原市の相武台団地商店街「イルミネーション点灯式」に出席しました。座間市で事業を営んでいる相武台団地にお住まいの方からお誘いを受け、今回初めて出席させていただきました。住宅団地では全国的に居住者の高齢化進展などにより、コミュニティの沈滞化等の問題が顕在化されていますが、相武台団地にお住まいの方々のこうした活動は、地域の活性化やコミュニティの推進に繋がるものであり、大変すばらしい催しだと思います。
 
 …師走の今日この頃。しばし時を止めイルミネーションの美しさを堪能。
2008_12_06


 今日の“嵐”はすごかったですね。朝の天気予報で、午後から雨が降ることは認識していましたが、強風は想定外。
 
 …今日は「一般質問」2日目。7人の議員が登壇。終了時間は沖本の時計で19時12分。以外と早く終わったなという感じです。…どうせなら8人目まで消化してしまえば良いのにと思いましたが、お昼休みに開かれた議会運営委員会で「今日は7人までとします」と決まっていたので、いたしかたありません。
 
 今日の質問は「住宅火災報知器の設置」、「太陽光発電設置」、「地上デジタル放送への支援取り組み」、「野良猫対策について」などなど、多岐にわたっての論議。市政に関わる問題・課題は絶えません。
2008_12_05


 「一般質問」1日目が終わりました。…終了時間は20時38分。
 今日は8人の議員が登壇しました。3日間で21人の登壇ですから大変です。「1日7人でいいじゃないか」と言われる議員もいらっしゃいますが、3日目の「一般質問」終了後に追加議案の提案もあることから、一人でも多く済ませておきたいというのが議長と事務局の考え(理由は他にもあるようですが…)。いずれにしても、2日目の明日も来週の3日目も長くなりそうです。

 今日は1期目の議員さん3人も登壇しています。先輩面をして言うわけではありませんが、初々しくもしっかりとした「発言」で感服しました。
 
 …自分はどうだったのかなぁ~と、初登壇を振り返ってみますと、再質問では『…生意気ついでに言わさせていただきたいのですが、過去の議事録を見たり、今までの定例会、臨時会、先日の総括質疑の中では、「今後検討する」とか「研究していきたい」とかそういうことで終わってしまって(答弁が)、結果的にはどうなったのというのがわからないわけです。ある程度いついつまでにこういう検討を終わらせて、こういう計画で進めていくとか、そういう答弁をできればお願いしたい』、こんなことを言っていました。…実に初々しい議会デビューでした(笑)。
2008_12_04


 明日、4日から5日、8日の3日間で「一般質問」が行われます。
 「一般質問」とは、市民にかわって市政の運営を監視する議員が、行財政全般について執行機関(市長部局・教育委員会など)の所信や疑義を、直接的にただすことのできる非常に重要な場です。
 質問は、現行の政策を変更、是正させ、あるいは新規の政策を採用させるなどの目的と効果があります。市民からも大きな関心と期待が持たれる大事な議員活動の場でもあります。
 そのために質問をする議員や質問を受ける側の執行機関は、共に十分な準備が必要となります。
 議員は、質問の構想を練り理論構成をします。これに対し執行機関は、質問の内容について議長から事前に通知を受け、万全の準備を整えて、責任の持てる的確な答弁ができる体制をつくります。
 一般質問は、年4回開催される定例会(3・6・9・12 月)において、座間市の場合3日間の日程で行われます。質問時間は議員1人について60分間が与えられ、質問回数は3回までと規定されています。
 質問の内容からは、議員としての政策理解力や政策提案力など、資質・能力をさらけ出すことになります。沖本は議員になってから、ほとんど質問に立っています。議員の中には、ほとんどされない方もいれば、時々しかされない方もいます。それは議員個人のスタンスもあれば、議員が属する会派内での調整や考え方もあるので是非を問うものではありません。沖本自身の考えは、市民から寄せられた意見や要望を精査・研究し政策として訴える。あるいは市政における問題・課題を常に研究して改革に繋げる。そして果敢に登壇することで自らを研鑽する。こうした考えで臨んでいます。
 何度も申し上げますが、是非、議会の傍聴へおいでください。
 座間市議会には、インターネット中継配信、録画配信がまだ導入されていません。議場での“LIVE”のみで堪能(?)いただくことになります。
 ちなみに私の出番は8日(月)。今回“トリ”を勤めます。登壇する時間は前任者次第なのでハッキリ読めないのですが、18時か19時くらいからになろうかと思います。時間が遅くなってからの質問に対しては、時折ブーイングに近い(そのものかな)急かすための野次が飛ぶこともあります。これに関しては耳を傾けることなく無視。しっかりと自分の考えを主張し、当局に質問をぶつけます。
2008_12_03


 12月1日、現代用語の基礎知識選「2008 ユーキャン新語・流行語大賞」発表!。
 (→2008 ユーキャン新語・流行語大賞
 
 ●トップテン年間大賞 … 「グ~!」 (お笑い芸人: エド・はるみ)
 ●トップテン年間大賞 … 「アラフォー」 (女優: 天海祐希)
 ●トップテン審査員特別賞 … 「上野の413球」 (ソフトボール選手: 上野由岐子)
 
 ●トップテン … 「居酒屋タクシー」 (衆議院議員: 長妻昭)
 ●トップテン … 「名ばかり管理職」 (日本マクドナルド店長: 高野広志)

 以下省略 して

 ●トップテン … 「あなたとは違うんです」 (受賞候補者辞退のため、該当者なし)
 
 …ケチをつけるわけではありませんが、…ん~っ。 …「グ~!」や「ゲリラ豪雨」は分からないでもないですが、「アラフォー」なんてまったく知らないし(家内も知らないと言ってました)、その他「上野の413球」などなどあるわけですが、それほど流行ったとも思えないし、あるいは新語といえるのかどうか?。…あくまでも個人的な感想ですが、…どうなんでしょうね?。
 
 まぁ、私の個人的な感想など、審査をされた方々からしてみれば「そんなの関係ねぇ」(2007年トップテン:小島よしお/タレント)ですよね。…失礼しました。
2008_12_02


 今日から12月。………早いですね。
 先週末から“悶々”とした3日間を過ごしていました。
 それはなぜ故かと申しますと、「一般質問」の原稿書き(正確には原稿入力)にあたふたしていました。「一般質問」は12月4日から8日の3日間で行われますが、事前に質問内容を市当局へ提出することになっています。絶対に出さなければならないという決まりはありませんが、当局側も「答弁」を用意する時間がないと困ってしまいますし、議会の議事進行上支障をきたすのは明らかなものですから…。
 そんなわけで、当局側と約束した通り、本日質問要旨だけとなりましたが提出しました。…やれやれです。沖本は8日(月)の登壇なので、その前日までには“起承転結”、ちゃんとした原稿を書き上げる(入力する)つもりです。…実は当日に直すこともしばしばあるんです(質問要旨はもちろん直しませんが)。

 それでは、先週28日(金)に行われた定例会2日目の内容を事後報告をさせていただきます。
 2日目の会議は以下のような流れで進み、追加議案として提出された、議案第98号・議案第99号2件について採決が行われました。

①開議
②議案第80号~議案第97号(18件一括上程)、総括質疑(登壇) → 委員会付託
③陳情第1号~第10号(10件一括上程)、委員会付託
④報告第19号上程、報告 → 質疑(登壇)
⑤議案第98号・議案第99号(2件一括上程)
 提案説明 → 質疑(登壇)→ 付託省略 → 討論(なし)→ 採決
⑥散会

〔表決結果〕 
議案第98号 : 副市長の選任について
 →賛成全員(退席者あり)・可決    
議案第99号 : 座間市常勤特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 →賛成全員・可決

 …議案98号が可決されたということで、座間市福市長には 小俣 博 氏が就任されます。  

〔小俣 博 氏のプロフィール〕

 ・昭和19年 11月21日生まれ
 ・昭和42年 座間町採用、税務課勤務
 ・平成 8年 市民部長
 ・平成11年 保健福祉部長兼福祉事務局長
 ・平成16年 座間市退職
 ・平成16年 座間市社会福祉協議会常務理事就任
  現在に至る

2008_12_01


11  « 2008_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

座間市議会議員 沖本こうじ

Author:座間市議会議員 沖本こうじ
Next Zama / 明日の座間を考える!
「夢と希望が広がる街・座間!」
ひとりひとりの声を大切に
     皆さんと一緒に創ります

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。