FC2ブログ



 …昨日のことです。
 まずは私の所属する「教育福祉常任委員会」でのこと。今定例会に付託されていた議案+陳情の審議が粛々と進み、継続審議となっていた中学校給食に係わる陳情2件、「陳情第37号・座間市立中学校の早期完全給食実施についての陳情」と「陳情第38号・座間市立中学校学校給食調査委員会設置についての陳情」において、前日まで“意”を共有していた他会派代表の方が異なる“意”を表されたことに、思わず「エッ!?」。
 もうひとつは、お察しの通り“安倍首相の突然の辞意表明”に「エッ!?」。昼食を済ませ会派の控室でTVを見ていたらニュース速報のテロップが…。「(テロ対策に)職を賭(と)す」って言っていたのはほんの3日前。辞意の理由は今日一日中報道されていたわけですが、首相というのは心身ともに“タフ”でなければやっていけませんね…。

 さて、1番目の「エッ!?」のことをご説明します。先に記した陳情2件に対する私の所属する会派・市政クラブ゙の最終的な“意”ですが、陳情第37号は「不採択」、陳情第38号は「継続」でした。理由は、陳情第37号のいう“早期実施”は市のおかれた現状を考えれば無理であるとの判断。学校施設に関する投資は屋内運動場の耐震化工事(災害発生時には市民の避難所となり、バリアフリー化も推進しなければならない)や校舎の老朽化改修工事が優先されるべきであるとの考え。これは教育福祉常任委員全員が同じ認識のはず…。また、陳情第38号のいう“調査委員会の設置”は、主旨に否を唱えるものではありませんが、時期・構成メンバーは当局に委ねられるべきものであるとの判断。陳情を一旦取り下げていただき、文面の修正・再度提出をしてもらうのが妥当であるとの考え。この継続にするという“意”を共有していた他会派の方が、昨日「採択」する考えに変わってしまったからです。その理由は、このまま「継続」にしてしまうと当局は結局動かないだろうとのお考え。………う~ん。。。。
 
 結局この陳情2件は委員会として採決が行われ、2件とも賛成多数で採択されました。私は陳情第37号は「不採択」の“意”を表し、陳情第38号はあくまでも「継続」の“意”をもって「退席」しました。
 
 勘違いしていただきたくないのは、私も私の会派も中学校給食実施に関して何が何でも反対しているのではありません。現時点あるいは数年は難しいと言っているだけです。私個人としては、常任委員会の中でも外でも「調査委員会うんぬんではなく、教育委員会として、児童・保護者・教職員や市民の意識調査(アンケート)、屋内運動場耐震化・校舎老朽化改修の工事完了時期、施設建設や運営にかかる費用などを調査し、その結果や将来的な考えを市民に公表すべき」と当局へ訴えています。また会派の諸先輩方にもそのことは理解していただいています。

 …いずれにせよ、議会としての最終的な陳情採決は27日に議場で行われます。それまでに今一度会派としての“意”を議論したいと思います。
スポンサーサイト



2007_09_13


08  « 2007_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

座間市議会議員 沖本こうじ

Author:座間市議会議員 沖本こうじ
Next Zama / 明日の座間を考える!
「夢と希望が広がる街・座間!」
ひとりひとりの声を大切に
     皆さんと一緒に創ります

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top