上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 今日は福岡県京都郡苅田町の町議会議員選挙の投開票日。同じ日産労組出身の先輩議員である 常広 直行 議員が2期目の挑戦。みごとにトップ当選を果たされました。おめでとうございます。
(→苅田町議会議員一般選挙の開票の速報
 22時からインターネットで開票状況を確認していましたが、23時10分には結了。
 さっそく常広議員へ電話をと思いましたが、携帯電話の番号を登録していなかったことに気づき、それならばと神奈川県Y市から苅田町へ応援に行っていると聞いていたH議員の携帯へ電話…。ところがなかなか出てもらえない。「万歳・万歳で忙しいのかな?」と思っていたら、「……ハ~イ」とH議員の虚ろな声。「…あれっ、…今どこにいらっしゃるんですか?」と私。「…うん?、家。もう寝てたんだけど、何?」とH議員。「…!?。苅田町へ行かれてたんじゃないんですか?」と私。「昨日行ってその日に帰ってきたよ」とH議員。「…!?。…し、失礼しましたぁ!」。
 私の早合点でH議員に夜遅く電話をしてしまい大変迷惑なことをしてしまいました。
 
 明日、常広議員へは「おめでとうございます」と、H議員には「ごめんなさい」と、また連絡します…。
スポンサーサイト
2007_09_30

秋到来…。

category: 行動  

老人クラブ体育祭
 肌寒い朝でした。
 今日は朝8時半に「Aボウリング場」へ…。9時から会社のOBの方たちの「ボウリング大会」が開催され、開会式でお世話になっている皆様へ激励とご挨拶。
 その後、今度は市立体育館「スカイアリーナ」へ…。こちらは10時から「第36回座間市老人クラブ体育祭」開催(添付画像は競技の様子)。B1駐車場に車を停めようとしたら、何やら“物々しい”雰囲気。経済産業大臣・甘利 明 衆議院議員も来られるということで、警護の方たちがチェックを行っていたわけです。…ついつい私は「ご苦労様、怪しいものじゃありませんよ~」と言わんばかりにスマイル・スマイル。逆に「変なヤツ」と怪しまれたかもしれません。さて、その甘利大臣も開会式で来賓挨拶を済ませると次の公務があるため早々退席。大臣ともなると我々など比ではなく想像を絶する忙しさなんでしょうね…。

2007_09_29


 今日は第3回定例会最終日。
 昨日も述べましたが、役職(役員)改選・選出の関係で、議会終了は例年通り(誰がどこの役職についてとか、どこの委員会に入って、誰が委員長と副委員長を務めるかなど、これがなかなか決まらない)、20時・21時・22時を覚悟していましたが、スムーズに話しが進み(?)、終わってみれば17時過ぎ…。いやいや、本当に珍しいことです。
 
 さて、最終日といえば本定例会に提出されている議案や陳情に対する採決が行われるわけですが、採決の土壇場でつくづく何が起こるかわからないという“恐ろしさ”を感じるものでした。
 
 それぞれの採決結果の詳細はHP上でご報告するとして、今回の採決の中で一番焦点になっていた中学校給食に係わる「陳情第37号・座間市立中学校の早期完全給食実施についての陳情」と「陳情第38号・座間市立中学校学校給食調査委員会設置についての陳情」についてご報告します。私の所属する会派・市政クラブ(4名)は2件とも反対をしましたが、議会の決議は共に賛成多数で採択されました。
 会派における反対の理由としては、9月13日付けのブログでも示しましたが、陳情第37号はどう考えても今現在の本市の状況を考えれば“早期”というのは無理だという判断。まぁ「“早期”というのは何年後なんだ?」という話しもありますが…。今現在優先するべきは、体育館の耐震化工事や校舎の老朽化修繕、あるいはバリアフリー化。おそらく賛成された議員の方々も、財政状況や取り組まなければならない事業の優先度は十重理解されているはずだと思います。また、陳情第38号については、陳情の文面で望まれている調査委員会設置の「時期」・「構成メンバー」を除けば、我々の会派としても賛同するものでしたが、最終的に願意は理解するものの文言的な部分で反対を示しました。他市では「部分採択」が認められているところはありますが、残念ながら本市では認められていません。以上のことから我々の会派としては反対の意を示しました。

 いずれにせよ、議会として結果的に2件とも採択されたわけですから、当局は議会の意向として受け止めなければなりません。まずは調査委員会の設置を考えなければならないでしょう。調査をすることはその期日・構成メンバーはどうあれ、私個人としては切望していましたし、是非、児童・保護者・一般市民・教職員などへの意識調査(アンケート)や施設建設費の試算、給食実施時の授業への影響など、あらゆる角度での調査を実施し、その結果や判断を市民へ公表していただきたいと思います。中学校給食実施に向けての検討はそれが終わってから始めるべきでしょうから。

 ところで、先に述べた“恐ろしさ”なんですが、陳情第37号の採決の際に起きています。実際には賛成12・反対13で「賛成少数・不採択」となるべきだったのですが、議長宣告は「賛成多数で採択」。…誤認・誤宣告。原因は事務局側の数え間違えだったとのこと。しかし議長の宣告は覆すことはできません。休憩時、議会運営委員会が開かれるも、「間違えでした」という事務局と議長からの謝罪。そのことを全議員に認識してもらうのみで、やり直すことはできません。
 ただ、今回の誤認・誤宣言は一概に事務局や議長だけを責めるわけにはいかないと思います。採決は賛成を挙手で行っていますが、議員の中には手を挙げているんだか挙げていないんだか良くわからない方がいるのも事実。…ハッキリ真直ぐ手を挙げてもらうようにするか、国会みたいに賛成起立にすればいいんじゃないかなと思います。
 “恐ろしさ”の二つ目として、各議員(会派)の事前賛否の“情報”。やはり今回の陳情第37号・第38号で起きたことですが、「うちは反対するよ」と聞いていたのに、採決直前で「やっぱり賛成するわ」と。…これは最終的な政治姿勢・判断ですからしょうがありません。とやかく言う話ではありません。ただ、賛否が1人・2人の動向で決まるという場合は、その突然の移り気は“恐ろしさ”を感じます。
2007_09_27


『第32回青少年創意くふう展覧会』審査会
 今日は13:30よりハーモニーホール座間(市民文化会館)1階ギャラリーで『第32回青少年創意くふう展覧会』へ出展された作品の審査会が開かれました。私も審査員の“付き添い(?)”として出席しました。今回は市内小・中学校から応募のあった計128点を審査し、市長賞、教育長賞、市議会議長賞、商工会長賞、工業会長賞、企業賞のそれぞれ1点、計6点、優良賞5点、佳良賞6点、計17点が選出されました。
 これらの作品は、審査会場と同じくハーモニーホール座間(市民文化会館)1階ギャラリーで9月28日(金)~30日(日)午前9時~午後4時の間展示されます。多くの方々にご来場いただきたいと思います。

 さて、明日はいよいよ第3回定例会の本会議最終日。委員会報告、各議案に対する討論・採決、陳情採決、役職改選(議長・副議長の選挙)。その後議会運営委員会が開かれ、常任委員会・特別委員会の委員選出などなど。全て終わるのは20時か21時か、はたまた22時か…。気合いを入れて臨みます。

2007_09_26


 今日は議会運営委員会が開会されてました。会派代表者委員が出席する委員会であり、委員以外の議員は各会派控え室で待機しているのが通常ですが、沖本は傍聴席で委員会の一部始終を傍聴していました。
 委員会では、まず、追加議案の提案説明が当局企画財政部長から行われました。議案は「人権擁護委員の推薦について」2件。各委員から「人権擁護委員の推薦理由、その過程は?」などが質問され、「人権擁護委員法」の資料に基づき答弁が行われました。
 次に、来週27日(木)に開会される本会議(閉会)の議会運営要領について話し合われています。その中では、追加議案として提出される議員提出議案の扱いや、議会運営委員会に付託されている陳情についての扱いが論議され、その他として、11月臨時会・12月定例会の会期日程について話し合われました。
議長席
 最後に役職改選について。座間市議会では9月に役職が改選されます。議長・副議長や監査委員、常任委員会委員、特別委員会委員などの改選が行われます。論議が交わされたのは議長・副議長の選出について。選出方法は「話し合い」〔=全議員(会派)の話し合いにより、“全員一致でこの人を議長・副議長にしよう!”と選出する方法〕あるいは「投票」〔=選挙:各議員が議長・副議長にふさわしいと思う方の名前を書き票を投じて、最多票を獲得した議員が選ばれる方法〕のいずれか…。通常「投票」で決定されており、今回もいろいろ論議はされましたが結局「投票」に落ち着いています。論議の中である委員がおっしゃっていましたが「話し合い」にせよ「投票」にせよ、議長・副議長候補者の“表明”(私はこうやって議会を運営していきたいなどの所信表明)をしてほしいとの意見がありました。私もそれには賛同するものです(残念ながら今回は叶いませんでしたが…)。

 さて、今回の議員提出議案では、今年の3月に開かれた議会運営委員会の中で提案させていただいていた座間市議会会議規則『欠席の届出』の改定が提出されます。
 「議員(委員)は、事故のため出席できないときは、その理由を付け、当日の開議時刻までに議長(委員長)に届け出なければならない」。これは現在の座間市議会会議規則、第1章・会議と第2章・委員会の総則にある『欠席の届出』の文言。私が提案したのは「事故のため出席できないときは…」の「事故」、この「事故」を改めるべきだということ。横浜市会会議規則では「事故」ではなく「疾病、出産その他の事由」。西東京市議会会議規則では「疾病、家族の看護又は介護、出産その他事故」となっています。
 何でもかんでも「事故」と括るのはいかがなものかと、3月、6月、そしてこの9月の議会運営委員会、各会派で諮っていただいた結果、座間市でも「事故のため」が「公務、病気、出産その他の事由により」に改められる予定です。 
 そもそもなぜ私が文言改定を持ち出したかというと、今年の2月15日付けの旧ブログでもご紹介しましたが(→旧ブログ記事)、友人の久坂くにえ鎌倉市議会議員(→久坂くにえHP)と1月にお会いした時、久坂さんが6月に出産することを聞き(無事に出産されました)、「議会の会議規則ってどうなってるんだっけ…?」などとと話していて持ち上がった話。当初、神奈川県では県議会と横浜市議会の規則には“出産”の文言が入っていましたが、他の市町村は私が調べてみたかぎり、座間市と同様で“事故”あるいは“公務、疾病、その他の事故”としてまとめられているのが現状でした。その後、鎌倉市も“事故のため”から“公務、疾病、出産その他の事由により”に改定されました。議会改革の一環として進めてきた話ですが、座間市もようやくまとまりそうです。

2007_09_20


 …残暑。本当に暑い日が続いています。皆様どうぞお身体ご自愛下さい。
 
日産カップ・バドミントン大会
 さて、昨日は「日産カップ・バドミントン大会」が市民体育館(スカイアリーナ座間)で開催、また同じく「日産カップ座間FC杯・少年サッカー大会」が相模川グラウンド、相模野小学校、栗原小学校の3会場で開催されました。私はバドミントン大会へスタッフ(広報班・写真撮影)として参加しました。
 体育館の中は試合への配慮(風防止)から冷房は使用していないためムッとしたサウナのような暑さ。ジッとしていても汗が滝のように流れる環境。選手の皆さんはいったいどれほどの汗をかいたことやら。…お疲れ様でした。

「ふれあいフェスティバル2007」
 今日はハーモニーホール座間とサニープレイス座間の両上会場で開催された「ふれあいフェスティバル2007」(第34回座間市福祉大会・第24回社協福祉まつり)に出席。
 第1部は10:30よりハーモニーホール座間(大ホール)にて開会式が開かれ、自立更正表彰や援護功労感謝表彰、福祉作文表彰などの表彰式が行われました。第2部は11:30よりサニープレイス座間、ふれあい広場で障害者地域作業所、地区社協、民生委員児童協議会などの皆さんによる模擬店出店されたり、ハーモニーホール座間・小ホールではふれあい音楽界、サニープレイス座間室内では福祉オリエンテーリング(手話体験、点訳体験など)が行われ、多くの市民の皆さんが参加され盛況なお祭りとなりました。

 また今日は昨日に引き続き「日産カップ座間FC杯・少年サッカー大会決勝リーグ」が相模川グラウンドで開催されています。私は朝7時30分に横断幕など器材を会場まで届け、その後「ふれあいフェスティバル2007」に出席、午後から再び相模川グラウンドへ行き、観戦&運営のお手伝い。
 …で、今回初めての仕事となったのが、表彰状の筆耕というか(報酬のない筆耕?)何というか…。本文などはパソコンで作成・プリントアウトしたモノを使い、入賞チーム名のみを筆ペンで書くだけなのですが、これがなかなか難しい。書道をちゃんと習ったわけでもなく、本当に冷や汗ものでした。失礼のないようにと気持ちを込めて書いたつもりですが、本人採点は悲しいかな10点くらい。受け取った子供たちに「何だこれ?俺の方が旨いじゃん」と言われてしまいそうな…。

2007_09_17


 …昨日のことです。
 まずは私の所属する「教育福祉常任委員会」でのこと。今定例会に付託されていた議案+陳情の審議が粛々と進み、継続審議となっていた中学校給食に係わる陳情2件、「陳情第37号・座間市立中学校の早期完全給食実施についての陳情」と「陳情第38号・座間市立中学校学校給食調査委員会設置についての陳情」において、前日まで“意”を共有していた他会派代表の方が異なる“意”を表されたことに、思わず「エッ!?」。
 もうひとつは、お察しの通り“安倍首相の突然の辞意表明”に「エッ!?」。昼食を済ませ会派の控室でTVを見ていたらニュース速報のテロップが…。「(テロ対策に)職を賭(と)す」って言っていたのはほんの3日前。辞意の理由は今日一日中報道されていたわけですが、首相というのは心身ともに“タフ”でなければやっていけませんね…。

 さて、1番目の「エッ!?」のことをご説明します。先に記した陳情2件に対する私の所属する会派・市政クラブ゙の最終的な“意”ですが、陳情第37号は「不採択」、陳情第38号は「継続」でした。理由は、陳情第37号のいう“早期実施”は市のおかれた現状を考えれば無理であるとの判断。学校施設に関する投資は屋内運動場の耐震化工事(災害発生時には市民の避難所となり、バリアフリー化も推進しなければならない)や校舎の老朽化改修工事が優先されるべきであるとの考え。これは教育福祉常任委員全員が同じ認識のはず…。また、陳情第38号のいう“調査委員会の設置”は、主旨に否を唱えるものではありませんが、時期・構成メンバーは当局に委ねられるべきものであるとの判断。陳情を一旦取り下げていただき、文面の修正・再度提出をしてもらうのが妥当であるとの考え。この継続にするという“意”を共有していた他会派の方が、昨日「採択」する考えに変わってしまったからです。その理由は、このまま「継続」にしてしまうと当局は結局動かないだろうとのお考え。………う~ん。。。。
 
 結局この陳情2件は委員会として採決が行われ、2件とも賛成多数で採択されました。私は陳情第37号は「不採択」の“意”を表し、陳情第38号はあくまでも「継続」の“意”をもって「退席」しました。
 
 勘違いしていただきたくないのは、私も私の会派も中学校給食実施に関して何が何でも反対しているのではありません。現時点あるいは数年は難しいと言っているだけです。私個人としては、常任委員会の中でも外でも「調査委員会うんぬんではなく、教育委員会として、児童・保護者・教職員や市民の意識調査(アンケート)、屋内運動場耐震化・校舎老朽化改修の工事完了時期、施設建設や運営にかかる費用などを調査し、その結果や将来的な考えを市民に公表すべき」と当局へ訴えています。また会派の諸先輩方にもそのことは理解していただいています。

 …いずれにせよ、議会としての最終的な陳情採決は27日に議場で行われます。それまでに今一度会派としての“意”を議論したいと思います。
2007_09_13


 今日は山本俊昭県議会議員と、相模原養護学校に通う知的障害児童を持つ保護者の皆さん(座間市在住6名)との意見交換会を行いました。
 本件は今年の3月定例会で上記保護者の皆さんが抱える問題を、沖本が一般質問の中で取り上げたことが始まりです。沖本が取り上げたのは自宅からスクールバス発着場までの移動支援事業の内容(→一般質問)ですが、根本的には県の事業であるスクールバスの問題であり、運行コース=運行時間、運行台数、さらには生徒数増加によるスクールバス利用制限などなど、県の施策に係わる問題が大きく占めるものです。 
 今日は保護者の皆さんが悩んでいること・思っていること、とにかくざっくばらんにお話していただき、また山本県議には県の状況など含め、今後の対応・取り組みなどをお話していただいています。 
 4月には、山本県議の計らいで相模原養護学校へ一緒に伺い、スクールバス事業について校長先生はじめ現場の先生方との意見交換もさせていただいています。
 山本県議には本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。

 …さて、沖本は沖本で、今日の意見交換会で得た情報などを基に、調査・研究、活動を続けたいと思います。
2007_09_11


 今日は一般質問3日目最終日。6人の議員が登壇。地域防犯・防災、教育問題、屋外スポーツ施設、公営住宅問題、介護、福祉などなど多岐にわたる質問・答弁が行われています。6日早々に出番が終わった私は、それぞれの質問や答弁の内容をノートにメモしながら、質問の視点・観点や市長ならびに担当部長の答弁は明確にされているかなど、また、時折出る“ヤジ”にも耳を傾けながら勉強させていただいています。
 ちなみに今日顕著に感じたのは質問における「しつこさ」という重要性。良い意味での「しつこさ」ですが、自分の政策意見に対する答弁に、更に必要性を再質問で議論する徹底した姿勢。これは絶対に必要です。
 
 一般質問が終わったのはちょうど19時ごろ。その後休憩をはさみ、追加議案・追加報告の説明が当局側から行われました。以下がその議案と報告内容です。
 ○議案第54号:座間市市税条例の一部を改正する条例
 ○議案第55号:損害賠償の額を定めることについて
 ○報告第13号:専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)

 本会議は27日(木)まで休会となります。その間、常任委員会、特別委員会、議会運営委員会が開会されます。私の所属する教育福祉常任委員会は明後日12日(水)に開会され、今定例会で付託された議案+継続審議としている「中学校給食」に係わる陳情について論議されます。基地対策特別委員会は18日(火)に開会され、当局からの報告事項に加え、今回の一般質問でも論議されてる米軍再編に係わる国の対応や交付金、あるいは座間市としての取り組みなどが論議されると思います。また、議会運営委員会では役職改選(議長・副議長の選出や各委員会の委員選出)などについて話し合われます。
 
 常任委員会は傍聴が可能です。傍聴を希望される方は庁舎6F議会事務局までお越し下さい。受付け(住所・氏名・年齢を記入)後、係員が委員長の許可を得て傍聴席までご案内します。
下記が常任委員会の日程と開始時間です。
 ●9月12日(水)9:00~
   教育福祉常任委員会
   総務常任委員会
 ●9月13日(木)9:00~
   市民経済常任委員会
   水道建設常任委員会
2007_09_10


 昨日は一般質問2日目。台風9号の余波で登庁前は激しい風雨。午後には台風一過の晴天になりましたが、議場は答弁調整で中断するなど激しい“台風”並みの議論(?)が交わされ、終わったのは20時過ぎ。一昨日から台風9号による有事に備え、市役所で待機されていた理事者(市職員部長級はじめ担当職員)の皆さんとしては過酷な一日だったと思います。本当にお疲れ様でした。
 
 一般質問の合間、11時45分から代表者会議が開催され、市側から市内の台風9号による被害状況の報告がありました。市への通報による内容として、倒木や土砂流入など8件が報告され、これらによる怪我人の発生はなかったそうです。
 台風9号の市役所観測データ(7日AM8時)によると、最大瞬間風速は32m、累積雨量は153㎜だったとのことでした。

 神奈川県内では、松田、開成の両町境の酒匂川に架かる十文字橋の途中部分で落下したり、西湘バイパスが西湘二宮インターチェンジ付近の擁壁が2箇所で計約1kmにわたり崩落し路面が陥没するなど大きな被害を受けています(→カナコロ-1)。
 また、平塚市など相模川沿岸の3市町が避難勧告を出した約19,500世帯のうち、実際に避難したのはわずか約600人だったことが分かっています。勧告の発令が午前4時から5時すぎだった上、自治体間で伝え方に違いがあり、住民は「気付かなかった」などと証言。避難を促す難しさが露呈されています(→カナコロ-2)。
 
 行政の防災無線、公用車による巡回放送、地域住民の自治会連絡網、情報提供・周知の方法は様々で、それらに問題・課題があるとすれば、行政として早急に対策を図らなければならないでしょう。ただ、情報を受け取る側の危機管理も必要です。せっかっくの情報も“聞く耳”を持たなければ何もなりません。「うちは大丈、夫大丈夫…」では何も聞こえてはこないでしょう。それだけはご注意願います…。

 …本日2件目の報告。
 今日は毎年恒例となっている日産自動車座間事業所の「納涼祭」が開催されました。私も一従業員として、オープニングパレードの準備や来賓者・OBの方々の接待で右往左往…。
 入場者来数は未確認ですが、台風一過の暑い青空の下、本当に大勢の方々にお越しいただきました。ありがとうございました。また、スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。
2007_09_08


 …久々の入力となってしまいました。
 
 先週31日(金)に9月定例会が開会され、今日は一般質問の初日を迎えています。沖本は本日2番手で登壇しました。
 質問内容は、(1)生活保護者就労支援事業について/07年度、厚生労働省が地方自治体へ設置を働きかけている「稼働能力判定会議」(→YOMIURI ONLINE)に絡め、座間市の生活保護者就労支援事業の現状を問う。(2)情報化政策について/自治体のIT化施策の通信簿といえる「第2回自治体の情報システムに関する実態調査」(→ITpro-1)と「e都市ランキング2007」(→ITpro-2)の結果から座間市の情報化政策を問う。
 詳しくは後日HP(→座間市議会議員 沖本 こうじ -official web site-)上で報告させていただきますが、「情報化政策について」の3回目の質問に対する答弁にガックリ。「情報化政策に関してはリーダーシップを取って進める部署が必要だと思うが」との問いに明確な答弁がなかったこと。「…あれっ?」ってな感じだったのですが、まぁそれでも結構。12月定例会では情報化政策における“座間市の仕組み”、座間市における「ITガバナンス」(→自治体ITガバナンス)の考え方について、更に突っ込んだ質問(政策)を投げかけます。

 台風9号の動きが気になります。午後10時の情報では、静岡県・石廊崎の南南西約50㎞の海上を時速約15㎞で北へ進んでおり、三浦半島や房総半島の南部などが暴風域に入ったそうです。
 今も自宅の窓越しに凄まじい風の音が聞こえています。このような中、市職員の中には、有事に備え市役所で待機されていたり、自宅で待機されている方々がいらっしゃいます。仕事とはいえ、本当にご苦労様です。ご家族を含め感謝申し上げる次第です。

2007_09_06


08  « 2007_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

座間市議会議員 沖本こうじ

Author:座間市議会議員 沖本こうじ
Next Zama / 明日の座間を考える!
「夢と希望が広がる街・座間!」
ひとりひとりの声を大切に
     皆さんと一緒に創ります

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。