上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 今日は第2回定例会の最終日(閉会)。今定例会では議案も少なく、各常任委員会での採択結果、あるいは議会運営委員会での議事進行の打合せからも、スムーズに議事は進むはずでした。しかし「陳情第44号・神奈川県最低賃金改定等についての陳情」の採決時にひと波乱。付託された市民経済常任委員会では全会一致(賛成全員)で採択されていたのですが本会議では政和会8名(議長を除く)が反対。もちろん市民経済常任委員会には政和会からも2名の代表議員が委員として入っています。この陳情44号を受け、委員会による「議員提出議案第18号・神奈川県最低賃金改定等についての意見書」も追加議案として提出され採決されることになっていました。意見書には提出者、賛成者として政和会議員の名前も載っているのです。
 議場では「おかしいじゃないか」とざわつく中、議事は進み、陳情32号、陳情37号、陳情38号、陳情45号、4件が上程され一括簡易採決、閉会中の継続審査と決まった後、休憩を求める動議が出されました。
 9時39分、暫時休憩。すぐさま議会運営委員会が開かれ、政和会代表議員から「賛成するつもりだったが勘違いをしてしまった」との釈明。この後、市民経済常任委員会が開かれ意見書から政和会議員2名の名前を除くことになりました。そして再び議会運営委員会開会、休憩後の議会進行について話し合いが持たれました。
 10:59時、ようやく本会議再開。冒頭、政和会団長曽根議員から「先ほど採決されました陳情44号につきまして、本来なら私ども政和会全員賛成をしなければいけなかった訳でございますけれども、勘違いをいたしまして手を挙げることが出来ませんでした。大変申し訳なく深くお詫びを申し上げたいと思っております。またお時間をを費やさせて混乱を招いたことに対して心からお詫び申し上げます。どうもすみませんでした」と陳謝されました。
 その後は粛々と議事も進み、基地対策特別委員会の中間報告。追加議案の上程、提案説明、採択。そして最後に議員提出議案上程され採決が行われました。「議員提出議案第18号・神奈川県最低賃金改定等についての意見書」の採決では政和会8名の議員は退席する形を取り、その結果賛成全員で可決されました。
 茶化すわけではありませんが、今回これが不採択になっていたらと思うと、…ゾッ。議場には“魔物”がいるのかなぁ。

 さて、最後にハプニングこそありましたが6月議会も閉会。早速HPを更新しました。お立ち寄りいただければ幸いです。→座間市議会議員 沖本 こうじ -official web site-
スポンサーサイト
2007_06_22


〔…スミマセンm(_ _)m 事後報告(入力)です〕

 今日は私の所属する教育福祉常任委員会が開会。付託された議案に対して審査・採決を行いました。審査にあたっては、関係部課長を始め主幹・副主幹より内容説明を聴取し質問・意見交換を行っています。と言っても議案第28号「神奈川県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について」の一つで、相模原市の合併による規約の変更であり、特に問題はなく賛成全員で可決されています。
 また、中学校給食に関する陳情第37号・38号は継続審査としました。5月2日・15日に実施した日野市・船橋市の中学校給食の視察を踏まえ、座間市における中学校給食導入についてどう判断するのか、今期委員会として9月定例会までに一定の提言(報告)をすることになっています。提言(報告)をまとめるにあたっては、7月24日(火)、30日(月)に再度委員会を開会し論議する予定です。座間市としての考え方、市民ニーズ、財政的なこと、様々な角度で論議を行い、最終的に座間市議会としての考え方(今期)を整理できればと思っています。
2007_06_14

…!?。

category: 議会  

〔…スミマセンm(_ _)m 事後報告(入力)です〕

 一般質問最終日。与党保守系最大会派「政和会」団長の一般質問に思わず「えっ!?」。その質問とは「司令部だけが来てしまって交付金を求めないで良いのか。司令部移転は反対しても止められない、市民にどう理解を求めるのか」といった再編反対をある意味覆すようなニュアンスの質問。それに対して星野市長は「国が基地の恒久化解消策を示すのが先」と従来の姿勢を崩さない旨の答弁。「政和会」団長いわく「こういった市民の意見もある」とのことでしたが…。
 あらためて言うまでもなく、再編交付金制度については自治体に対して「出来高払い」とする手法であり、いわゆる「アメとムチ」で自治行政の公平性を損なうものです。上から地方を見下すような政府の強引なやり方は決して許されるものでないと私は思っています。
 いずれにしても市ならびに市議会における今後の動向は注目です。
2007_06_12


〔…スミマセンm(_ _)m 事後報告(入力)です〕

 一般質問初日、3番手で登壇しました。質問内容は1日のブログで記した通りです。詳細はHP上で報告させていただきますが、以下に「児童虐待の対応について(座間市歯科医師会との連携を提案)」の質問・答弁の概要をご報告します。

【沖本質問】
 近年「医療ネグレクト」の対応について全国的に県や市の歯科医師会が自治体と協力し「虐待防止マニュアル」を作成されるなど積極的な取り組みが広がっています。神奈川県歯科医師会でも昨年「こども虐待対応マニュアル」を県と協力し作成され会員へ配布されています。今年四月一日に座間市歯科医師会が発足されています。この機会に本市としても歯科医師会との連携を取っていただき、児童虐待の早期発見・対応に取り組むべきであると提案します。

【星野市長答弁】
 児童虐待の「医療ネグレクト」における歯科医師会との関係については、さっそく検討させていただき要請をしてまいります。

【沖本質問】
 要保護児童の早期発見や適切な保護を図るための「座間市要保護児童対策協議会」の構成機関について、学校・教育委員会、人権擁護委員会、消防署といった機関も歯科医師会と同様に重要機関だと考えますが、ご所見をお伺いします。

【星野市長答弁】
 「座間市要保護児童対策協議会」構成機関の拡大について、学校関係、人権擁護委員さん、消防など具体的なお話をいただきました。その拡大等についても十分検討をさせていただき対応をしたいと思います。 

 以上の様に沖本の提案について前向きに検討していただける旨の答弁をいただきました。関係機関の拡充と連携強化は急務だと考えます。市としての早期対応に期待するものです。

2007_06_08


今日から「第2回定例会」が開会。初日の今日は今定例会に提案された諸議案について企画財政部長・星野市長・中戸川副市長からそれぞれ提案説明、会派代表者による質疑が行われています。議案24号~26号の先決処分については採決が行われ3件とも承認されました。

●議案24号:専決処分の承認について(平成18年度座間市一般会計補正予算(第5号))
●議案25号:専決処分の承認について(平成18年度座間市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号))
●議案26号:専決処分の承認について(座間市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

 一般質問は8日・11日・12日の3日間で行われますが、今回は過去最高の20人が一般質問で登壇するとのこと。通常16人~17人で、今までは18人が最高でしたから正直ビックリしました。…本来、議長を除く25人(座間市は議員定数26人ですから)は登壇しても良いはずですから別に驚くことはないのですが…。ともあれ3日間で20人。簡潔明瞭な質問・答弁、議論が交わせれば言うこと無し。皆さんご期待ください。
ちなみに沖本の登壇は6月8日(金)3番手。午前中最後か午後一番からになろうかと思います。今回の質問内容は以下の3つです。

1.児童虐待の対応について
  (座間市歯科医師会との連携を提案)

2.GIS地理情報システムについて
  (ポータルサイトとの協働事業化を提案)

3.市発行冊子への有料広告導入について

是非、傍聴へお越しください。
2007_06_01


05  « 2007_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

座間市議会議員 沖本こうじ

Author:座間市議会議員 沖本こうじ
Next Zama / 明日の座間を考える!
「夢と希望が広がる街・座間!」
ひとりひとりの声を大切に
     皆さんと一緒に創ります

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。